スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【法改正】 > 雇用保険、基本手当日額を引上げ 失業給付や助成金支給に影響

人事・労務の知恵袋

【法改正】 雇用保険、基本手当日額を引上げ 失業給付や助成金支給に影響

厚生労働省より、8月1日から雇用保険の「基本手当日額」を引き上げると公表されました。

基本手当日額は、平成18年以来5年ぶりに上昇することとなります。

今回の引上げは、基本手当の算定基礎となる「賃金日額」の下限額の引上げなどを内容とする「改正雇用保険法」が8月1日に施行されること、また平成22年度の「毎月勤労統計調査」による平均給与額が、平成21年度と比べて約0.3%上昇したことに伴うものとされています。

具体的な変更内容は以下の通り。

1)基本手当日額の最低額の引上げ
  1,600円 → 1,864円(+264円)

2)基本手当日額の最高額の引上げ
  60歳以上65歳未満:6,543円 → 6,777円(+234円)
  45歳以上60歳未満:7,505円 → 7,890円(+385円)
  30歳以上45歳未満:6,825円 → 7,170円(+345円)
  30歳未満:    6,145円 → 6,455円(+310円)

基本手当日額の引き上げにより、失業給付の受給額が増額となり、また雇用調整助成金などの基本手当日額が助成額の元となっているものに影響が出てきます。

別添資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001havj-att/2r9852000001hayv.pdf

 

 

★助成金の支給対象となっているかの確認、
就業規則の作成・見直し、労務管理に関する疑問、
社員のやる気が出る人事・賃金制度の仕組み作りなど
ご相談・お問い合わせはお気軽に
↓↓↓
http://www.nari-sr.net/contact/
info@nari-sr.net(24時間受付)
電話 03-6300-0485(平日10:00~18:00)

投稿日:2011/07/01
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える