130402-1厚生労働省より、4月1日の労働契約法・高年齢者雇用安定の改正施行に合わせて、新モデル就業規則が公表されました。

モデル就業規則では、労働契約法の改正による無期労働契約への転換に関する規定や、定年後の継続雇用に関する規定が盛り込まれています。

各条項ごとの解説もついた詳細なものとなっていますので、自社の就業規則を見直しする際に利用できます。

行政が公表しているモデル就業規則からは「行政が求めているものは何なのか?」「どういった点に注意したいと法令違反になるのか、法律の解釈で留まるものなのか」を判断する必要があります。

モデル就業規則の内容をよく検討もせずに社名だけ入れてと、丸ごと利用するのはおススメできません。

自社の就業ルールに合っていないものを準備すると、何かあった時には、ルールに合っていない就業規則の中身が有効となってしまいます。

自社の方針・就業ルールにマッチした就業規則を、ぜひ用意してください。


モデル就業規則(厚生労働省H25.4.1版)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/model/dl/00.doc
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/model/dl/00.pdf

モデル就業規則(分割版)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/model/index.html


問題社員への対処方法・残業代を減らしたい
社会保険料の見直しを考えてみたい
就業規則や賃金制度を見直したい
社員とのトラブル、入社退職時の手続きについて
★お問い合せ・ご相談はこちら
http://www.nari-sr.net/contact/
24時間受付
info@nari-sr.net (24時間受付)
電話 03-6300-0485(平日10:00~18:00)




fb_mark【人事・労務の玉手箱fbページ】で最新情報をチェック!
https://www.facebook.com/jinjiroumutamatebako