スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【ワンポイントQ&A】 > 採用面接で申告された前職給与額が違っていた

人事・労務の知恵袋

【ワンポイントQ&A】 採用面接で申告された前職給与額が違っていた

【今回のワンポイント】
1.懲戒処分とまではならずも本人との信頼関係に影響あるのは必至
2.
一度明示した労働条件でもあり、本人と話し合い不支給とする

採用時に提示した給与額が本人の申告していた前職給より低かったため、生活の観点から前職給額を維持したいと申し出があり、会社はこれを認め調整給をつけました。

しかし入社後に源泉徴収票を確認すると、本人が申告していた額より実際には低い額だったことが発覚しました。

この場合、調整給をなくすことはできるでしょうか。


労働者は、信義則上、真実を告知すべき義務があり、もし違反した場合には懲戒処分となる可能性もあります。

今回のケースは、企業の秩序を乱すという点からみれば、懲戒事由とは認められない程度とも考えられますが、偽りの申告をしてたという点からすれば、本人との信頼関係に支障が生じるものであるのは否めません。

入社にあたり、一度労働条件を明示している事から、一方的に調整給をなくすというのは不利益変更に該当するものともなり得るため、なぜ申告内容が違っていたのかを本人と十分に話し合い、本人の同意を得た上で調整給を不支給とすべきと考えます。


就業規則や賃金制度を見直したい
社会保険料の見直しを考えてみたい
社員のやる気が出る仕組みにしたい

問題社員とのトラブル、
入社退職時の手続きについて
★お問い合せ・ご相談はこちら
http://www.nari-sr.net/contact/
24時間受付
info@nari-sr.net (24時間受付)
電話 03-6300-0485(平日10:00~18:00)




fb_mark【人事・労務の玉手箱fbページ】で最新情報をチェック!
https://www.facebook.com/jinjiroumutamatebako

投稿日:2013/05/24
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える