130701-1既に障害者雇用率が従業員50人に1名の割合とされ、さらに今回障害者雇用促進法の改正により、平成30年4月以降は障害者雇用率の設定に精神障害者が含まれるなど、企業に対する障害者雇用義務は、年々強化されていきます。

企業側とすれば障害者を雇用するにあたり、どのように就業環境整備をすればいいのか、どのような業務であれば障害者でも対応できるのか、他の従業員との関係性をどのように保つことでスムーズに障害者を迎え入れる事ができるのかなど、様々な検討が必要となります。

このリーフレットでは、障害者雇用に関する法律のポイント、障害度合いや内容別での職場改善方法事例、採用・募集時のポイントがまとめられてあり、他にも、企業用自己診断チェックシートにより、法律の理解度を確認したり、自社の障害者雇用に対する整備度合いなども図ることができるようになっています。

中小企業では、ごく一部の企業を除くと、障害者雇用はまだまだ進んでいないのが現状です。

自社で障害者を雇用しようと検討される際の資料として活用ください。

はじめからわかる障害者雇用~事業主のためのQ&A集~(全体版)
http://www.jeed.or.jp/data/disability/qa/download/zenbun.pdf

はじめからわかる障害者雇用~事業主のためのQ&A集~(分割版)
http://www.jeed.or.jp/data/disability/qa/qa.html


自社に合った就業規則や賃金制度に見直しをしたい
社会保険料と賃金の見直しを考えてみたい
社員のやる気が出る仕組みにしたい
問題社員とのトラブル、入社退職時の手続きについて
★お問い合せ・ご相談はこちら
http://www.nari-sr.net/contact/
24時間受付
info@nari-sr.net (24時間受付)
電話 03-6300-0485(平日10:00~18:00)




fb_mark【人事・労務の玉手箱fbページ】で最新情報をチェック!
https://www.facebook.com/jinjiroumutamatebako