130726-1【今回のワンポイント】
1.子会社の登記完了後に採用募集を行えばOK
2.親会社と子会社の関係、採用後の処遇について十分な説明を行うこと



今後、設立予定の子会社で採用を行いたいと思っています。

現在は会社設立の準備段階のため、採用後しばらくは親会社で働いてもらうことになりますが、子会社での採用募集は可能でしょうか。


 
子会社の登記が完了し所在地が明確であれば、募集を行う事は可能です。

親会社と子会社では法人格が異なるため、親会社での募集は、職業安定法の労働者供給に違反します。

直接、新会社(子会社)が募集をする必要があるため、会社の登記が完了した以降に採用募集を行います。

当分は親会社で働く事になる点は、募集時に、就業場所を「新会社(子会社)設立まで親会社とする」と明示した上で、採用面接時に、本人に十分な説明と理解をいただくことで採用後のトラブルを防ぐ必要があります。 

子会社設立前から親会社で採用募集を行うケースもあります。

この場合は、親会社で採用された後に子会社へ転籍する、または子会社へ出向する事を前提としますので、こちらも採用面接時に本人に十分な説明が必要となります。

職業安定法について

http://www.jil.go.jp/rodoqa/07_jinji/07-Q01.html


自社に合った就業規則や賃金制度に見直しをしたい
社会保険料と賃金の見直しを考えてみたい
社員のやる気が出る仕組みにしたい
問題社員とのトラブル、入社退職時の手続きについて
★お問い合せ・ご相談はこちら
http://www.nari-sr.net/contact/
24時間受付
info@nari-sr.net (24時間受付)
電話 03-6300-0485(平日10:00~18:00)




fb_mark【人事・労務の玉手箱fbページ】で最新情報をチェック!
https://www.facebook.com/jinjiroumutamatebako