131217-1日本生産性本部の「2013年度新入社員秋の意識調査」によると、1社に最低2~3年勤めれば転職しても良いと考えている新入社員の割合が4割を超えました。

転職についての考えを聞いた「一つの会社に最低でもどのくらい勤めるべきだと思いますか」という質問に対し、3年以内の選択肢を選んだ新入社員が過去最高の44.5%となっています。 

ちなみに「1年勤務」は3.9%、「2~3年勤務」40.6%。

景気が低迷した2008年から2011年の調査では40%を下回ったが、2012年の調査から40%を超える水準に戻っています。

今春の入社時点にも同じ調査を行っていますがが、その時点では24.8%だしたので、1社に最低2~3年勤めれば良いと考えている新入社員が入社半年で倍増したことになります。 

企業側とすれば、ちょうど仕事の深さを理解し始めた頃で転職を考える時期となり、せっかく育成した人材が他社へ流出する事になってしまいます。

ただ昔から、入社してから2~3年経つと転職志向が高くなる傾向には変わりありませんので、この時期の社員に、将来性を感じさせる仕事をしてもらい、いかに自社が魅力ある存在となるのかが重要なポイントである事は間違いなさそうです。

2013年度 新入社員秋の意識調査
http://activity.jpc-net.jp/detail/mdd/activity001397/attached.pdf


就業規則や賃金制度に見直しをしたい
社会保険料と賃金の見直しを考えてみたい
社員のやる気が出る仕組みにしたい
問題社員とのトラブルに関するご相談
入社退職時の手続きについて
★お問い合せ・ご相談はこちら★
http://www.nari-sr.net/contact/
24時間受付
info@nari-sr.net (24時間受付)
電話 03-6300-0485(平日10:00~18:00)