スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【人事・労務】 > 年次有給休暇は新しく付与された方から消化してもよい

人事・労務の知恵袋

【人事・労務】 年次有給休暇は新しく付与された方から消化してもよい

j10376741_8...
 

 

 

年次有給休暇の消化方法について、よく質問をお受けします。

多くの方は、年次有給休暇を消化していく際に、前年から繰り越されたものから消化するものだと思っています。

実は、年次有給休暇をどちらから消化するかについては、労働基準法には明確な定めはありません。

前年度からの繰り越し分と、今年度新たに付与された分のどちらから先に消化するかは、民法488条1項により債務者である会社側が指定することができるのです。

つまり「今年度新たに付与された分から消化する」というルールを設ける事ができるというわけです。

会社側としてみれば、年次有給休暇を新たに付与した分から消化していくと、翌年度への繰り越し数が少なくなりますが、従業員側からすれば「繰り越し分から消化される」ものと考えている方が大多数であるのも事実ですので、繰り越し数が少ないのは不利益だと主張してくるかもしれません。

法律に明確な定めがない場合には、就業規則で具体的に定めておく必要があります。

また以前より、前年から繰り越されたものから消化してきた事実があるものを、いきなり当年に付与されたものから消化するとするのは、実態に即していませんので不利益変更と解釈されます。

不要な労務トラブルを回避するためにも、就業規則に年次有給休暇の消化順序を具体的に定めたうえで、従業員への周知をおこなっておくことが肝要です。

 

投稿日:2014/06/25
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える