スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【人事・労務】 > 11月は労働基準監督署の定期監督が増えます

人事・労務の知恵袋

【人事・労務】 11月は労働基準監督署の定期監督が増えます

10698636_86...
 

 

 

厚生労働省は「過重労働解消キャンペーン」を11月に実施すると発表しました。

毎年定期的に実施されているもので、今年度は、長時間労働削減に向けた取組を推進するとし、著しい過重労働や悪質な賃金不払残業があると疑われる企業への監督指導と、過重労働による過労死などに関して労災請求が行われた事業場への重点的な監督指導を行うとしています。

これは定期監督の一環として行われるもので、全国で一定数の企業に対して実施されます。

「過重労働解消」とあるように、長時間労働の実態と、これに伴う賃金支払い状況、健康診断の実施状況等を調査するものとなります。

・36協定、就業規則の内容と届出が適正か
・労働時間管理の資料としてタイムカード等の時間管理記録資料
・給与支払状況を確認できる賃金台帳
・雇用契約状況の確認
・定期健康診断等の実施状況

などを重点的に調査します。

監督指導の結果、法違反の是正が図られない場合は、是正が認められるまで、ハローワークでの求人はできなくなります。

労務管理については、年々企業側に厳しくなっているのは否めません。
これを機に、自社の労務管理状況を確認し、整備を行いましょう。

参考)平成26年度過重労働解消キャンペーンの概要
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11202000-Roudoukijunkyoku-Kantokuka/0000060358.pdf

投稿日:2014/10/17
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える