スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【人事・労務】 > 口頭で直接「退職したい」と言ってきた

人事・労務の知恵袋

【人事・労務】 口頭で直接「退職したい」と言ってきた

10410778_87...
 

 

 

社員から、口頭で直接「退職したい」との申し出があった場合、退職の意思表示は、口頭でも有効となるのでしょうか。

退職の意思表示は、必ずしも書面によるものと義務付けられているわけではなく、本人からの退職の申し出と、これに対する会社の承諾があれば、合意による退職が成立します。

また、労働者の一方的な退職の申し出の場合も、その申し出が真意に基づくものであれば、書面による申し出でなくても退職は成立します。

民法でも、契約の申込み・承諾・解約は、必ずしも書面で行うことを求めてはいません。

ある判例では、書面での退職願を提出しなければならない旨を就業規則に定めている場合のみ、退職願が提出されない限り、退職の意思表示の効力は生じないとした判決があります。(S38.9.30横浜地裁「全日本検数協会事件」)

退職に関しては、トラブルとなるケースが多く、後々、退職の意思表示の撤回を申し出る可能性があります。

口頭で退職の意思表示がなされた後、書面での提出を求め、ご本人が書面での提出の求めに応じない場合、退職の申し出がなされた日に退職の意思表示がなされたものとして処理しても差し支えありませんが
その場合、会社からご本人へ退職を承諾した旨の通知をすると良いでしょう。

投稿日:2014/10/27
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える