スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【人事・労務】 > 新卒採用は学内セミナーを重視

人事・労務の知恵袋

【人事・労務】 新卒採用は学内セミナーを重視

safe_image....

 

 

HRプロの調査によると、これまで主流だった「就職ナビ」が後退し、自社での活動を強化する動きにシフトしているようです。

学内起業セミナー以外に、自社説明会・キャリアセンターとの関係強化・インターンシップ活動と続いているように、学生と直接会う機会を増やす方法を採っているところに注目されます。

ネット上で広く広報するよりも、実際に学生に会ってコミュニケーションを取ることに重きを置いてきているという事です。

それともう一つのキーワードは「ターゲット採用」です。
採用したい学生の大学を限定した活動を行いたいという動きも、これまでのように就活サイトで不特定の学生にアプローチする手法から、特定の学生にアプローチする手法にシフトしてきています。

就職活動時期が遅くなった分、これまで以上に、一定期間で自社に合った学生をいかに採用するかを考えた結果といえます。

参考)採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント
http://www.rosei.jp/jinjour/article.php?entry_no=64058&bk=list%2Fseries.php%3Fss%3D7

投稿日:2014/11/13
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える