スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【人事・労務】 > 2016年、労働法令のポイント

人事・労務の知恵袋

【人事・労務】 2016年、労働法令のポイント

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2016年も労働法令各法の改正への対応が求められる年となりそうです。
現時点で対応が必要なものをまとめてみましょう。

◆ストレスチェック制度◆
マイナンバーに注目が集まった2015年。
昨年12月1日よりストレスチェック制度がスタートしています。

常時雇用者50名以上の企業に対して義務が課せられていますので、今年11月末までに少なくとも一度は実施が必要です。

実施にあたり、行政が提供しているサービス、メンタルヘルス対策企業が提供しているサービスなど様々ありますが、いずれもポイントは「医師などがストレスの程度を評価し、状況に応じて医師の面接指導が必要な場合は本人への通知をする。会社は本人の同意なしでは結果を保持できない。」です。

外部に委託するにしろ、社内で実施するにしろ、労働者のプライバシーに配慮した仕組みづくりを求められます。

◆マイナンバー制度◆
いよいよ2016年1月よりマイナンバー制度がスタートします。
まず、労働行政で必要となるのは「雇用保険に関する手続き」です。

年末ギリギリに新様式が公表されるなど、まだまだ実務上での対応としては混乱が生じそうです。

都度公表されているQAに注意しながら、諸手続きにモレがないよう対応したいものです。

◆労働基準法の改正(予定)◆
先の国会で審議が見送られた改正案ですが、今後の施行に向けて概略を抑えておきましょう。

1)年5日の年次有給休暇の取得義務

2)企画業務型裁量労働制の対象業務に「課題解決型提案営業」と「裁量的にPDCAを回す業務」の追加と、手続の簡素化

3)フレックスタイム制の「清算期間」の上限を1か月から3か月に延長

4)特定高度専門業務・成果型労働制(高度プロフェッショナル制度)の創設

5)中小企業での月60時間超の時間外労働に対する割増賃金支払い(H31年4月より)

◆障害者雇用促進法◆
こちらはH25年6月19日に改正し公布されている内、障害者に対する差別取扱いの禁止と、採用試験や就労環境への配慮の義務化が4月1日より施行されるものです。

今後の法改正動向を注視しながら、自社の労働環境整備を進めていきましょう。

投稿日:2016/01/05
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える