スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【人事・労務】 > 社内コミュニケーションについての苦手意識

人事・労務の知恵袋

【人事・労務】 社内コミュニケーションについての苦手意識

12991021_11...
 

 

社内コミュニケーションについての興味深い調査結果があります。

「上司・先輩」「部下・後輩」とのコミュニケーションに関する苦手意識については、一般社員の47.9%が「やや苦手」、6.6%が「非常に苦手」と回答し、苦手意識を持つ人が半数以上いることが分かりました。一方、役員クラスでは28.5%、経営者では23.1%と役職が上がるにつれて、苦手意識を持つ人が少ない傾向になっています。

 苦手と感じるものは、ゴルフ80.8%、麻雀78.1%、カラオケ、66.8%、飲み会47.8%、ランチ47.6%。社員にとっては、ゴルフ・麻雀・カラオケが3大苦手シチュエーションということのようです。

3月・4月は歓送迎会も多い時期。2次会などでカラオケに行くというシチュエーションもよくあります。

最近では、カラオケ嫌いの社員に歌うことを無理強いするという「カラハラ」(カラオケハラスメント)という言葉も耳にするようになりました。

 なんでもかんでも「ハラスメント」とする風潮はどうかと思いますが、ハラスメントの予防は、ミスコミュニケーションをなくし、コミュニケーション豊かな組織風土づくりと社員教育が最良の策です。

 調査結果からも、組織風土づくりには「上司・先輩」「部下・後輩」といった縦のコミュニケーションの改善から始めることも一つの方法だといえるでしょう。

参考)首都圏400人に聞きました!上司とのカラオケが苦手な理由とその攻略法を徹底分析
http://www.oaklawn.co.jp/news/2016032940021.html

働きたくなる会社づくりワークショップ(無料)
http://www.nari-sr.net/media/seminar/20160412

投稿日:2016/04/18
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える