スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【人事・労務】 > 労働人口減少による事業の見直し

人事・労務の知恵袋

【人事・労務】 労働人口減少による事業の見直し

日本の人口は2005年の1億2729人をピークに人口は毎年減少し、14歳から64歳までの人口も約7500万人から2500万人も減少するため、国内市場の規模が縮小いくことが予想されます。
故・松下幸之助の側近である江口氏によれば、人口減少と超高速時代の経営モデルとして、「コラボ経営」「変身経営」「駆逐艦経営」の3つの経営モデルによる事業の見直しが述べられています。
・「コラボ経営」1人のお客を2回、お客になってもらう、
        1カ所を1日2回、別々の会社が使用する経営
・「変身経営」今ある事業基盤を活用し、事業内容を
       変身または、新規事業を展開する経営
・「駆逐艦経営」規模拡大を抑え、
        1人当たりの利益を重視した経営

労働人口の減少による経営戦略の見直しとともに、社員に求められる役割や能力が変わることや、1人当たりの利益や生産性を重視するため、会社の方向性の変更による人材の活用や評価・育成などの人事戦略も改めて検討する必要があります。

事業の見直しをする際には、ビジョン・想いから作る人事評価制度もご検討されてはいかがでしょうか。

すまいる人事制度&人事評価制度セミナー
http://www.nari-sr.net/media/seminar/201702-03

参考)人口減時代の経営戦略を真剣に考えるべきだ
http://toyokeizai.net/articles/-/187226

投稿日:2017/09/20
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える