スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?

人事・労務の知恵袋

【ワンポイントQ&A】 住宅手当を減額したい

【今回のポイント】
1.住宅手当を減額するときは不利益変更に注意
2.
減額の度合いなど、状況によって一定期間の移行期間を設けて、社員の生活に与える影響を軽減する措置も必要


現在支給している諸手当の中から、属人的な理由で支給している住宅手当を減額したいと考える際に、法的に問題はないのか、また減額にあたりどのような手続きが必要となるのでしょう。

住宅手当の減額を行うとなると、不利益変更の問題が発生します。

既得権が発生しているもの対して、どうしても減額が必要な場合は、個々の支給対象者に同意をとるくらいの準備が必要です。

ちなみに、この諸手当の変更のように、既にあるものを変更するという行為は、労働契約の変更に該当します。

労働契約は、契約当事者の意思が合致することにより成立するもので、いったん成立した労働契約について、当事者の一方が相手方の同意・了解なしに契約の内容を一方的に変更することはできず、契約内容を変更する(=賃金等の労働条件を変更する)には、労働者から個別に同意を得なければならないとされています。(労働契約法第8条)

住宅手当の減額は、賃金体系の変更に際して生じることが多いため、変更によって新たに社員に発生するメリットがあればこれを説明し、社員の疑問や質問を十分に聞くなど理解を得る努力をしなければなりません。

また減額の度合いや対象社員などの状況によっては、一定期間の移行期間を設けて、社員の生活に与える影響を軽減する措置も必要といえます。


社員とのトラブル、就業規則を見直したい
入社退職時の手続きについて
★お問い合せ・ご相談はこちら
http://www.nari-sr.net/contact/
24時間受付
info@nari-sr.net(24時間受付)
電話 03-6300-0485(平日10:00~18:00)


★オフィシャルページもご覧ください
http://www.nari-sr.net/
banner201205

fb_mark【人事・労務の玉手箱fbページ】で最新情報をチェック!
https://www.facebook.com/jinjiroumutamatebako

投稿日:2012/06/22
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える