20110616-1(画像は記事ページより引用)
リクルートTech総研の記事に、エンジニア300名に聞いた「好き&嫌いな上司・部下の条件ベスト10」がありました。

調査対象者は、25歳~39歳までのソフトウェア・ハードウェア系エンジニア合計 300名。

結果は以下の通り。

好きな上司
1.リーダーシップがある
2.最後にはきっちり責任を取って部下を守ってくれる
3.決断力がある

嫌いな上司
1.責任から逃れようとする
2.口ばっかりで行動を起こさない
3.理不尽なことで叱る

好きな部下
1.積極的に新しい提案や挑戦をしたり、成長意欲がある
2.頼ってくれる、よく話しかけてくれる
3.いつも元気がよく笑顔

嫌いな部下
1.嘘をつく
2.無断欠勤や遅刻が多い
3.責任感がなく、担当業務を投げ出す

結果をみる限り、上司に求められているものは責任感と行動力であり、部下に求めるものは積極性と責任感のようです。

嫌いな部下ベスト3のトップに、嘘をつく・勤務態度の悪さがそれぞれ7割近くあるというのは、正直ショックな結果です。

嘘をつくは論外。
勤務態度が悪いのは、出勤時間の縛りが緩いところが割合多いという業界の特性もあるとしても、上司からみれば「ちゃんと出勤しろ」という意識があり、対して部下側は「出退勤など規律に対する意識が薄い」というところからきていると思われます。

また好きな上司が4割、嫌いな上司が3割程度は職場にいるとしている点について、上司として認められる人材が少ない印象を受けました。

上司に求められるものは、業界・職種を問わず変わりがないといえそうです。


好き&嫌いな上司部下ベスト10
http://goo.gl/NeQeZ


★就業規則の作成・見直し、労務管理に関する疑問、
社員のやる気が出る人事・賃金制度の仕組み作りなど

ご相談・お問い合わせはお気軽に
↓↓↓

http://www.nari-sr.net/contact/
メール info@nari-sr.net
03-6300-0485(平日10:00~18:00)