スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【人事・労務】 > 大和ハウス、残業代32億円未払い…社員の4割

人事・労務の知恵袋

【人事・労務】 大和ハウス、残業代32億円未払い…社員の4割

YOMIURI ONLINE
大和ハウス工業は22日、2010年12月までの2年間で計32億円の残業代を支払っていなかったと発表した。
天満労働基準監督署による是正勧告を受けた社内調査で明らかになり、未払い賃金は4月の給与支給日に合わせて全額を支払ったとしている。

1月27日に是正勧告を受け、グループの全社員2万5025人について、09年1月~10年12月の勤務実態を調べた。
その結果、グループ32社のうち16社で未払いが発覚し、全社員の約4割にあたる9387人が、計32億614万円の残業代を受け取っていないことがわかった。
精算された金額は、1人当たり月平均で約1万4000円だった。

残業時間は全体で151万時間を超え、1人当たり月平均で6・7時間。
夜間は事業所を閉鎖し、終業時刻を記録する勤怠システムもあったが、サービス残業が横行していたという。
(以上、記事より)

支払額と総残業時間をみると相当のものと感じますが、一人当たり平均からすると、(平均値ですので、中には相当の残業時間となっている方もいらっしゃるのでしょうが)通常あり得る残業時間でもあり特別多いという事でもありません。

この程度の残業時間であったとするならば、日々の労務管理で十分にカバーできたものと思われます。

未払い残業問題では、残業発生時や休日出勤時の社内決裁・承認ルールがどうなっているか、労働時間の管理方法はどうなっているかが根本的なところにあり、いくら就業規則を整備し法律に則ったものとなっていても、会社側の認識が甘く管理上のルールが徹底されていなければ、解決されません。

労働基準監督署の調査が入ってあわてる、労働組合からの団体交渉通知が届いてあわてる、といった事がないように、就業規則の整備だけではなく、社内での労務管理の体制やルールを日頃から見直ししておく必要があります。

これらの事は対岸の火事ではありません。
むしろ、自身の足元にくすぶっている火元があるのが現実なのです。


未払い残業対策のために絶対必要です!
就業規則の作成・変更、労務管理に関するご相談は
お気軽にこちらまで。
↓↓↓
http://www.nari-sr.net/rulebook/

 

投稿日:2011/04/23
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える