スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【ワンポイントQ&A】 > 人材紹介会社経由での採用者に対する配置転換

人事・労務の知恵袋

【ワンポイントQ&A】 人材紹介会社経由での採用者に対する配置転換

人材紹介会社経由での採用にあたり、職種や職責を限定して採用した者を、採用した当初と全く異なる職種・部門へ配転させる場合、就業規則に配置転換に関する規定があっても、使用者が労働者を配置転
換できるのは合理的な範囲内での配置転換とされ、この合理的な範囲を超える場合には、労働者の同意を得なければならないとされます。

例えば、地方出店した店舗での採用で業務内容について限定されているような場合は、配置転換変更について労働者の同意を得る必要があります。

限定的な労働契約が結ばれているわけでなく、就業規則に規定されている配置転換が適用されるとしても、一定程度は労働者の利益に配慮して行うべきであるとされ、配置転換の理由や必要性について、労働者に十分に説明をし、配転命令から異動日までの期間に猶予を設けるなどの必要はあるでしょう。
労働組合がある場合は、労働協約により事前に労働組合と協議が必要な場合もあります。

配置転換により職種が変更される場合、給与額の変更を伴うことがあります。

また給与額の決定要素が属人的なものとなっている場合(=勤続年数や年齢により決定)、給与額と職種との関連性が薄いため、職種変更に伴い給与額を減額するのは、会社側の権利濫用と判断される可能性が高まります。

給与減額を目的として意図的に職種を変更したり、専門的な能力を有する労働者を元の能力とは全く関係のない部署へ異動させたりする場合も、会社側に配置転換に関する配慮措置がないとされ、権利濫用と判断される可能性が高いといえます。

 

★就業規則の作成・見直し、労務管理に関する疑問、
社員のやる気が出る人事・賃金制度の仕組み作りなど
ご相談・お問い合わせはお気軽に
↓↓↓
http://www.nari-sr.net/contact/
メール info@nari-sr.net
03-6300-0485(平日10:00~18:00)

投稿日:2012/01/09
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える