スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【法改正】 > 出産育児一時金、4月以降も42万円を支給

人事・労務の知恵袋

【法改正】 出産育児一時金、4月以降も42万円を支給

平成21年10月1日から平成23年3月31日までの措置として、出産育児一時金等の支給額を42万円とするとともに、医療機関等へ直接支給される「直接支払制度」が実施されてきました。

出産に関する負担軽減を図るため、平成23年4月1日以降も、引き続き、支給額は42万円のままとされます。

ただし妊娠週数が22週に達していないなど、産科医療補償制度対象出産ではない場合は39万円となります。

4月以降の各制度に関する告示が相次いでいます。
実務を担当されている方は、制度に変更がないか、確認モレがないよう注意が必要です。


平成23年4月以降の出産育児一時金制度について(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken09/dl/07-2-01.pdf



社会保険の加入手続き・代行など
社会保険に関するアウトソーシングは「なりさわ社会保険労務士事務所」へ
↓↓↓
http://www.nari-sr.net/190/

投稿日:2011/02/14
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える