スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【採用】 > 同友会代表幹事、就活長期化問題で経団連に反論

人事・労務の知恵袋

【採用】 同友会代表幹事、就活長期化問題で経団連に反論

日本経済新聞
大学生の就職活動が長期化している問題で、経済同友会の桜井正光代表幹事は1日の記者会見で、「大学生は社会人として必要な学業を修めるのが一番大事」と指摘。
日本経団連の米倉弘昌会長が就職活動期間を急激に短縮すると就職できない人が出てくるとの懸念を示したことに「やり方の問題。逆転の発想はよくない」と反論した。

この問題を巡っては経団連が1月、企業の採用活動の指針となる倫理憲章で、2013年4月入 社の採用から、会社説明会などの広報活動を現状から約2カ月遅らせ、大学3年12月以降とする対応策を決めた。

これに対し経済同友会は広報活動を大学3年3月以降、経団連が倫理憲章で大学4年4月からと定める面接・試験など選考活動の開始時期については同8月以降とする提言を出した。
大学団体も経団連の対応策よりもさらに採用活動の開始を遅らせるよう求めている。
(以上、記事より)


新卒採用の開始時期について、経済団体・大学団体から様々な意見が出てきています。

いずれも学生を思っての事なのでしょうが、2012年卒業予定者の活動も進んでおり、しばらくすると2013年卒の新卒採用が。。。という時期になってしまいます。

求人企業側も開始時期により、採用媒体の選定や具体的な対応を始めるタイミングを計らなければいけません。

企業・学生のためにも早い段階での方針決定が望まれます。



給与計算の代行・外注など
給与計算のアウトソーシングは「なりさわ社会保険労務士事務所」へ
↓↓↓
http://www.nari-sr.net/189/

投稿日:2011/02/02
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える