スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【人事・労務】 > 賃金不払い 是正指導で116億円

人事・労務の知恵袋

【人事・労務】 賃金不払い 是正指導で116億円

厚生労働省は、平成21年度の割増賃金不払になっているとして労働基準法違反で是正指導した事案のうち、1企業当たり100万円以上の割増賃金が支払われた事案の状況を公表しました。

・是正企業数 1,221企業(前年度比332企業の減)
・支払われた割増賃金合計額 116億298万円(同80億1,053万円の減)
・対象労働者数 11万1,889人(同6万8,841人の減)
・割増賃金の平均額は1企業当たり950万円、労働者1人当たり10万円
・1,000万円以上支払ったのは162企業で全体の13.3%
・支払われた割増賃金の合計額は85億1,174万円で全体の73.4%を占める
・1企業での最高支払額は「12億4,206万円」(飲食店)、「11億561万円」(銀行・信託業)、「5億3,913万円」(病院)の順

是正対象企業数が減少したこともあり、支払額・対象労働者数のいずれも減少しています。

是正規模の大小はあるにせよ1企業平均支払額は約1,000万円近くになっており、決して少ない額といえません。

最近の傾向としては、明らかに労働者からの訴えが増加しており、また以前のように退職後に訴え出るというよりも、在籍中に外部に訴え出るケースが増えてきています。

在籍中に訴え出るケースでは、その後の組織がギクシャクしてきたり、企業と従業員間での信頼関係も薄れてきたりと目に見えないダメージも与えてしまいがちです。

賃金不払いに限らず、自社の労務上の課題を放置せず積極的に解決していく姿勢が、企業に求められてきています。


平成21年度 賃金不払残業(サービス残業)是正の結果まとめ
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000ufxb.html

投稿日:2010/10/22
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える