スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【就業規則】 > 年次有給休暇(9)時間単位での付与

人事・労務の知恵袋

【就業規則】 年次有給休暇(9)時間単位での付与

『伸びてる企業・元気な企業の就業規則』完全マニュアルより

【今回のポイント】
1.最大5日までを時間単位での取得に振替可能
2.育児を行う者などの取得目的での制限はできない
3.所定労働時間に端数があるときは切り上げになる


120604-2平成22年の法改正により、年次有給休暇(以下、年休)のうち5日分を時間単位で取得できるようになりました。

時間単位での取得とする場合には、労使協定を締結し、次の事項について取り決めが必要とされます。

1)時間単位での付与をする対象労働者
一部の社員を対象とする場合は「育児を行うもの」などと取得目的による制限はできません。

2)時間単位で取得する日数
最大5日までとなり、前年度からの繰り越しがある場合には、繰り越し分も含めて5日までとなります。

3)年休1日分の労働時間数
例えば1日の所定労働時間が7時間30分とすれば端数を切り上げ8時間としてから、対象日数分の時間数を計算しなければいけません。
また日によって所定労働時間が異なるときは、1年間での平均所定労働時間を計算するか、一定期間での平均所定労働時間を計算します。

4)付与する時間単位
1時間、2時間と付与する時間単位を定めます。この時、1日の所定労働時間を超える事はできず、分単位での付与も認められていません。

時間単位での年休付与についても、会社側の時季変更権は認められていますが、もともと1日単位の年休を時間単位に振り替えたり、時間単位の年休を1日単位に振り替える事はできません。

また時間単位年休1時間分の賃金は、次のいずれかをその日の所定労働時間数で割った額になり、これは1日単位の年休取得時と同じ方法とします。
①平均賃金
②所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金
③標準報酬日額(労使協定が必要)

年次有給休暇の時間単位付与
http://www.mhlw.go.jp/topics/2008/12/dl/tp1216-1l-04.pdf


労働時間の管理・残業代を減らしたい
就業規則や賃金制度を見直したい

社会保険料の見直しを考えてみたい
社員とのトラブル、
入社退職時の手続きについて
★お問い合せ・ご相談はこちら
http://www.nari-sr.net/contact/
24時間受付
info@nari-sr.net(24時間受付)
電話 03-6300-0485(平日10:00~18:00)


★オフィシャルページもご覧ください
http://www.nari-sr.net/
banner201205

fb_mark【人事・労務の玉手箱fbページ】で最新情報をチェック!
https://www.facebook.com/jinjiroumutamatebako

投稿日:2012/08/28
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える