スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【助成金】 > 雇用調整助成金の不正受給防止対策の強化【第2弾】

人事・労務の知恵袋

【助成金】 雇用調整助成金の不正受給防止対策の強化【第2弾】

厚生労働省は、6月30日に雇用調整助成金の不正受給に対する防止対策として、以下の施策を発表しました。

1.実地調査の強化(以下の事業所については、必ず実地調査を行う)
(1)事業主が自ら実施する事業所内訓練の実施日数が多い事業所
(2)ある程度業務量があると推察されるにもかかわらず休業の実施日数が多い事業所
(3)休業等を実施する一方で合理的な理由なく雇用する労働者数が増加している事業所

2.効果的な立入検査の徹底
不正が疑われる事業所については以前より立入検査を行っていますが、効果的な立入検査のノウハウを厚生労働省において収集・分析し、立入検査担当者にその成果を研修することにより、全国でより効果的な立入検査の実施を徹底。

実地調査が強化されたのは、一昨年の急激な景気悪化により制度利用者が増えたものの、一方では、不正受給も増加しているのが背景にあります。

厚生労働省の発表では、架空の休業や教育訓練を実施したとして虚偽申請を行ったことなどにより、平成21年度で91事業所、約7億355万円を不正として処分し、悪質な事案について は、刑事告発をしているとしています。

今回の施策では実地調査が強化され、上記の一定要件に合致する企業は必ず調査を実施するとされました。
一定要件のより具体的な指標までは発表されてませんが、調査が強化される事は間違いないようです。

助成金は必ず不正受給をする企業がいる一方で、適正に申請し受給していれば問題ないわけですから、過度に反応する事なく、諸事情に応じて企業活動を活発にする一端に制度を利用していくべきと考えます。

雇用調整助成金に係る不正受給対策の強化
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000007emy-img/2r98520000007eog.pdf

雇用調整助成金に係る不正受給防止対策の強化【第2弾】について(印刷版)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000007emy-img/2r98520000007erm.pdf


★ストレス診断でメンタルヘルス対策
http://www.sming.jp/250/25050/

投稿日:2010/07/02
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える