スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【助成金】 > 雇用調整助成金、申請数は減少傾向

人事・労務の知恵袋

【助成金】 雇用調整助成金、申請数は減少傾向

6月29日厚生労働省より、雇用調整助成金等の5月集計結果速報値が発表されました。

大企業の届出事業所数は前月から212事業所減少し、1,635事業所、対象者数は58,013人減少し、151,707人。

中小企業の届出事業所数は前月から3,439事業所減少し、75,148事業所、対象者数は103,986人減少し、1,172,331人。

届出事業所数合計は前月から3,651事業所減少し、76,783事業所、対象者数は161,999人減少し、1,324,038人。

企業規模問わず減少傾向にありますが、5月の完全失業率が5.2%と3ヶ月連続で悪化している事から、企業業績は好調なアジア向け輸出などに支えられ回復しているものの、雇用の改善にはつながっていない状況が見受けられ、雇用調整に関してもまだしばらくは続くものと思われます。

「雇用調整助成金等に係る休業等実施計画届受理状況、支給決定状況」について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000007bqx.html


★ストレス診断でメンタルヘルス対策
http://www.sming.jp/250/25050/

投稿日:2010/06/30
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える