スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【人事・労務】 > 有休取得率70%へ=20年目標、消費刺激を期待-政府

人事・労務の知恵袋

【人事・労務】 有休取得率70%へ=20年目標、消費刺激を期待-政府

4月19日 時事通信
政府の雇用戦略対話ワーキンググループは、6月をめどにまとめる新成長戦略のうち雇用・人材分野について、2020年までの目標案を19日決めた。
目標案は08年に47.4%にとどまる有給休暇取得率を、20年に70%に引き上げることなどを明記。
余暇増大による消費刺激効果を期待している。

政府は今月下旬、鳩山由紀夫首相らをメンバーとする雇用戦略対話の会合を開き、目標案の論議に入り、5月下旬に正式決定する。
新成長戦略では、雇用・人材戦略を柱の一つに据えた。
(以上、記事より)

年次有給休暇の取得率は、長年50%以下で推移しています。

業務繁忙により取得できない、取得しにくい職場雰囲気があるなど、就業環境に起因する部分も多いとされています。

一方で、年間の祝日数と休日(主に土・日)に、年末年始や夏季休暇を合わせると、平均して年間120~125日程度の休日・休暇数になります。
これにさらに有給休暇を取得するとし、例えば労働基準法で定める1年度で20日の有給休暇を取得するとなると、年間休日・休暇数は140~145日になり、月間平均で12日前後の休日数となります。
週平均3日が休日の計算です。労働者はウレシイですが企業はマイッタでしょう。

具体策がどのようなものなのか、今後の検討内容に注目したいところです。


★ストレス診断でメンタルヘルス対策
http://www.sming.jp/250/25050/


 

投稿日:2010/04/20
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える