スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【人事・労務】 > 労働保険審査会の裁決、精神疾患がどう扱われているか

人事・労務の知恵袋

【人事・労務】 労働保険審査会の裁決、精神疾患がどう扱われているか

労災保険での労災認定結果に対して不服があったり、雇用保険での離職理由に納得できないときに、労働保険審査会に不服申し立てを行うという制度があります。

最近では、精神疾患が業務上災害にあたるかどうかという判断に対する申し立てが増えており、裁決事例では、パワハラが原因であると判断されたもの、長時間労働が原因であるとされたものなど、これら精神疾患に関する事例が多く掲載されています。

毎年のように増えている精神疾患の従業員への対処を考えていく際に、実際にどのような申し立てがされており、これを行政側がどう判断したのかという点を把握しておくのも、ひとつの要素として大事だといえます。

裁決文のため堅苦しい言い回しで読みにくいのが難点ですが。。。


労働保険審査会が行った主な取消裁決、棄却裁決及び却下裁決
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/shinsa/roudou/04.html

心理的負荷による精神障害等に係る業務上外の判断指針(H110914付け基発第544号)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousaihoken04/dl/090316c.pdf

判断指針の主な改正内容等(H210406通達)
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/04/dl/h0406-2a.pdf

 

★助成金の支給対象となっているかの確認、
就業規則の作成・見直し、労務管理に関する疑問、
社員のやる気が出る人事・賃金制度の仕組み作りなど
ご相談・お問い合わせはお気軽に
↓↓↓
http://www.nari-sr.net/contact/
info@nari-sr.net(24時間受付)
電話 03-6300-0485(平日10:00~18:00)

投稿日:2011/10/07
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える