スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【法改正】 > 4月からこう変わる 保険料引き上げアップ

人事・労務の知恵袋

【法改正】 4月からこう変わる 保険料引き上げアップ

4月から様々な新制度がスタートしますが、人事労務面では、保険料の引き上げや労働基準法改正が施行されます。

●国民年金保険料
440円アップし月額保険料は15,100円に。

●健康保険料(協会けんぽ)
健康保険組合に加入していない中小企業が加入している
都道府県別に保険料アップ(平均保険料率9.34%、1%以上アップ)

●残業時の割増賃金率(中小企業以外)
労働基準法改正により月間60時間を超える残業時の割増賃金率が25%→50%に

●雇用保険料※3月30日法案成立予定
0.8%→1.2%に引き上げ。
従業員負担は0.6%、企業負担は0.95%に。
労災保険率は現行通り

■診療報酬(病院にかかったとき)
全体で0.19%引き上げ。薬価は引き下げ。

健康保険料と雇用保険料の引き上げは、企業の人件費アップにもつながり、
平均月収30万円の従業員が50名とすると、年間135万円程度の負担増となります。

毎年9月には厚生年金保険料も引き上げられますので、合わせた負担額はじわりと影響を与え、企業にとっては負担アップの新年度スタートとなりそうです。


★ストレス診断でメンタルヘルス対策
http://www.sming.jp/250/25050/

投稿日:2010/03/30
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える