スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【人事・労務】 > 労使紛争が平成で最多 中労委調査、09年3割増の733件

人事・労務の知恵袋

【人事・労務】 労使紛争が平成で最多 中労委調査、09年3割増の733件

2月25日 日本経済新聞
中央労働委員会は24日、2009年に全国の労働委員会があっせんや調停を行った集団的労使紛争は733件で前年より32.7%増え、平成に入り最多だったと発表した。
同委員会は「リーマンショックを機に企業の経営が悪化したことが背景にある」とみている。

個人と使用者の個別労働関係紛争のあっせん件数も534件で、同20%増えて01年の制度開始から最多となった。
(以上、記事より)

企業経営の悪化により、一方的な賃金カットや未払い問題が増えた事は確かでしょう。

これにプラスし、労働紛争を申し立てしやすい環境になってきているということも、紛争数が増えた一因になっていると捉えています。
実務上でも企業へ在籍している従業員が紛争申し立てを行うというケースなどが増えてきています。

労務相談内容も、雇用調整や賃金カットに関するものが多いのが実態で、あまり前向きではない内容となっています。

景況感が良くなり、前向きな人事労務対策をお手伝いしたいものですね。


★ストレス診断の受診なら
http://www.sming.jp/250/25050/

投稿日:2010/02/26
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える