スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【年金・保険】 > 全健国保に個人事業所装い加入 組合本部が誘導か

人事・労務の知恵袋

【年金・保険】 全健国保に個人事業所装い加入 組合本部が誘導か

2月12日 asahi.com
ずさんな会計処理や無資格加入が問題になった全国建設工事業国民健康保険組合(本部・東京、森大(もり・ひろし)理事長)で、原則では加入できない株式会社などの法人事業所が、個人事業所を装って加入している事例が大量にあることが分かった。
組合本部が偽装加入を誘導してきたという証言もあり、組合は結果的に国からの手厚い補助金を不当に受け取っていたことになる。

偽装した個人事業所が大量に見つかったのは札幌市周辺。
社員をグループ分けして架空の個人事業所の従業員にしたり、法人であることを隠すため届け出の事業所名から「株式会社」などの表記を外したりしていた。

組合関係者が札幌市内の組合員について調べたところ、従業員の分割で個人事業所を装った疑いがあるケースは300近く、法人隠しの疑いがあるのも600社近くにのぼったという。

約40人の社員がいる建設会社の場合、この会社の下に5人以下の「グループ」を九つ作っていた。事業所名は従業員の氏名を使って「○○工業」「××建設」などと命名していた。

個人加入が原則の国保組合と異なり、法人や事業主を除き5人以上の従業員がいる個人事業所には、事業主負担がある協会けんぽ(旧政府管掌健保)への加入が義務づけられている。
偽装は事業主負担を逃れるための工作とみられる。
組合の元幹部は「本部が考え出した方法だ。支部長会議で説明した」と組合主導を認めている。
東京や福岡でも個人事業所として加入している法人の例があり、全国的に不正が横行している可能性がある。

法人などには協会けんぽとセットで厚生年金にも加入義務があり、いずれも月々の保険料を事業主と従業員で折半する。
小規模の個人事業所であれば、全建国保と国民年金のセットが選択でき、いずれも事業主負担がない。

こうした協会けんぽや厚生年金の加入義務は、1997年に厳格化され、法人事業所などは、原則として組合を脱退することになった。

協会けんぽについては加入を免除する例外規定があり、国保組合に残ることができたが、厚生年金への加入は避けられない。そのため、個人事業所の偽装は97年から急速に広がったという。

組合には、国庫から補助金が出ており、08年度で約240億円。
本来は協会けんぽに加入しなければならない人が、個人事業所の従業員として全建国保に加入していることによって、国は組合に対して余分な補助金を出していることになる。

監督官庁の厚生労働省と東京都は、徳島県で発覚した無資格者の加入問題を機に組合の特別検査に入っている。
(以上、記事より)

国保組合の加入実態が少しずつ明らかになったきました。

健康保険組合に加入しない中小企業が加入する協会けんぽ(旧、政府管掌)では、4月から保険料率もアップし、企業も従業員も保険料負担を強いられる中、国保組合は国庫補助を受けながら不正加入や不正給付を行ってきていた事となります。

今後の調査により不正加入や不正給付実態が把握され、過去にさかのぼっての保険料徴収や不正給付の戻し入れまで、可能な限りの対応に期待したいところです。

投稿日:2010/02/13
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える