スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 社会人の約6割が「転職などの際に、それまで扱っていた業務情報を持ち出したい」

人事・労務の知恵袋

社会人の約6割が「転職などの際に、それまで扱っていた業務情報を持ち出したい」

トレンドマイクロ社で2009年10月に社会人1,030名を対象として実施した、業務情報取り扱いに関するアンケート調査では、社会人の約6割が、転職や部署異動の際に、業務上で扱っていた何らかの情報を持ち出したいと考えているとのこと。

また持ち出しが禁止されている機密情報であると認識している情報でも、全体の約3人に1人は無断で持ち出したいという意向を示しました。

回答者の約7割が、勤め先の機密情報を持ち出すことは可能だとも認識しており、回答者の8割以上が、自社の機密情報を無断で持ち出したとしても、第三者から通報されたり情報漏えい事件として発覚したりすることがなければ、自身が情報を持ち出したことを特定・把握されない、と考えているそうです。

企業側が機密情報漏洩に関する様々な対策を行ったとしても、そこで働いている側の意識に情報を持ち出したい・持ち出しても見つからないの意識がある以上は、多かれ少なかれ、在職中~退職時に情報を持ち出されてしまいます。

企業においては、ハード・ソフトの両面から機密情報そのものを守る対策を取り続けていく必要があると、改めて認識させられるアンケート結果でした。

トレンドマイクロ ニュースリリース
http://jp.trendmicro.com/jp/about/news/pr/article/20091110064951.html

投稿日:2009/11/17
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える