スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 社員の自殺問題で、France Telecomの幹部が退任

人事・労務の知恵袋

社員の自殺問題で、France Telecomの幹部が退任
10月7日 ITMediaNews
FranceTelecomは10月5日、同社の国内事業担当のCEO代理ルイス-ピエール・ウェンズ氏の退任を発表した。

ウェンズ氏が会長兼CEOのディディエ・ロンバルド氏に退任を申し出、ロンバルド氏はそれを受け入れた。報道によると、ウェンズ氏は社員にあてたメールで、相次ぐ社員の自殺に「打ちのめされた」と述べていたという。

FranceTelecomでは2008年初め以来、22人の社員が自殺し、13人が自殺を試みている。
社員が会議中に自分の腹部を刺したり、オフィスの窓から飛び降りるなどしたことがマスコミに取り上げられ、問題視されていた。
(以上、記事より)

社員の自殺が1年ちょっとで22名、自殺未遂を含めると35名ってスゴイ数です。

社員の自殺行動も衝動的なものが多かったのでしょうか。

FranceTelecomという企業の背景にどんな事情があったのか自分には分かりませんが、これだけ自殺者・自殺未遂者が出るという就業環境には、多くの問題・課題があったという事だけは事実でしょう。
 

投稿日:2009/10/08
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える