スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【雇用・定年】 > 自動車メーカーが期間雇用を再開

人事・労務の知恵袋

【雇用・定年】 自動車メーカーが期間雇用を再開

自動車メーカーが期間雇用を再開し始めました。

・トヨタ自動車北海道が9月から期間従業員の採用を11ヶ月ぶりに再開

・日野自動車は、工場での期間従業員の採用を再開することを明らかにした。国内3工場で10月半ばまでに900人を採用する計画

などなど。
いずれも販売台数が回復基調にあるようです。

世界同時不況の発端となったリーマンブラザースの破綻が、ちょうど1年前の9月15日。
ここから自動車メーカーの販売が急落し、雇用調整が始まり、昨年暮れには「派遣切り」が世間で騒がれました。

まだ景気の底が見えないといわれている中、ようやく企業の業績にも復調の兆しが見えてきたというところなのでしょうか。

雇用状況はまだ復調とはいえず、厚生労働省の発表では7月の毎月勤労統計調査結果(速報、従業員5人以上)によると、現金給与総額は前年同月比4.8%減の36万5,922円で、過去最大の下落率となった6月の7.0%減からは、マイナス幅が縮小したものの、14ヶ月連続の減少となっています。

総実労働時間も減少したままで150.6時間(前年同月比2.3%減)、うち所定外労働時間は9.0時間(同17.3%減)、製造業の所定外労働時間は10.2時間(同35.6%減)。
常用雇用は前年同月比で0.1ポイント減少、うち一般労働者は1.0%の減少、パートタイム労働者は1.9%増加したもののの、雇用状況の復調はもう少し先といったところのようです。

投稿日:2009/09/04
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える