スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【年金・保険】 > 【年金】年金「3号」で年収基準見直し「130万円」下げ検討

人事・労務の知恵袋

【年金・保険】 【年金】年金「3号」で年収基準見直し「130万円」下げ検討

共同ニュース
厚生労働省は28日、国民年金の保険料を納付しないでも給付が受けられる専業主婦ら「第3号被保険者」について、年収基準を現行の「130万円未満」から引き下げる方向で検討に入った。
数十万円の大幅な引き下げも視野に入れる。

パートなどで収入を得る主婦は、この130万円基準のほか、税制面で配偶者控除を受けられる「年収103万円以下」を意識して就業調整しているケースが多い。
基準見直しが実現すれば、女性の働き方が大きく変わる可能性がある。

9月1日に新設する社会保障審議会の特別部会で、非正規労働者の厚生年金や健康保険への加入拡大に関する論議に合わせ検討する。
(以上、記事より)


厚生年金でいうところの「第3号被保険者」については、保険料の納付なくして将来年金が受給できるという点で不公平感があるとされています。

一方企業側からみれば、一定の年収範囲で雇用を確保でき社会保険料の負担もないという事もいえます。

今後の審議により非正規労働者に対する取り扱いがどうなっていくか注目されます。

 

★助成金の支給対象となっているかの確認、
就業規則の作成・見直し、労務管理に関する疑問、
社員のやる気が出る人事・賃金制度の仕組み作りなど
ご相談・お問い合わせはお気軽に
↓↓↓
http://www.nari-sr.net/contact/
info@nari-sr.net(24時間受付)
電話 03-6300-0485(平日10:00~18:00)

投稿日:2011/08/29
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える