スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > すかいらーく「名ばかり管理職」是正、3300人に残業代支給

人事・労務の知恵袋

すかいらーく「名ばかり管理職」是正、3300人に残業代支給

8月7日 日本経済新聞より

すかいらーくが店長など約3300人を管理職から外し、残業代の支給を始めたことが明らかになった。
裁量権のない管理職に長時間労働を強いる「名ばかり管理職」の問題では最大規模の是正。
日本マクドナルドなどは既に残業代の支払いを始めており、これで大手小売り・外食の大半が待遇を是正したことになる。

今回、是正の対象となったのは、すかいらーくと、グループ会社のジョナサン、ニラックスを合わせた約2800店の店長と、本部の一部社員。
法律上の管理職である「管理監督者」から外し、残業代を支給している。
すかいらーく(グループ会社除く)の社員に占める管理職の割合は73%から6%に下がる。
(以上、記事より)


名ばかり管理職が取り沙汰されて以降、小売・流通業では、店長などの立場の従業員を管理職ではない扱いとし、未払い残業も含めて見直しを行う企業が増えていました。

今回のニュースでは、すかいらーくの対応により大手小売・外食の大半が待遇是正をしたとされています。

今年度の労働厚生行政の施策でも、偽装管理職の取扱いに対して適正な対処を指導するとされており、今後は中堅企業~小企業でも、管理職の処遇について適正なものとするよう対策を講じていく必要があるようです。

投稿日:2009/08/07
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える