スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【雇用・定年】 > 非正規労働者の雇用はまだまだ不況下、企業経営では「従業員重視」がポイントアップ

人事・労務の知恵袋

【雇用・定年】 非正規労働者の雇用はまだまだ不況下、企業経営では「従業員重視」がポイントアップ

5月1日に厚生労働省が発表した資料によると、非正規労働者(派遣・パート・契約)の期間満了、解雇による雇用調整について、昨年10月から本年6月までに実施済み又は実施予定のもので把握できたものは、全国で3,253事業所、約20万7千人となっている。
就業形態別の対象人数の割合をみると、「派遣」が63.9%、「契約(期間工等)」が21.3%、請負が7.8%等。

また派遣労働者の雇用状況では、派遣契約を中途解除された派遣労働者35,886人のうち、その後も何らかの形で雇用が継続している人は10.9%、離職した人は83.4%。

非正規労働者の雇用は、依然厳しい状況であることが伺えます。


一方、財団法人日本生産性本部の調査によると、経営者が企業経営において重点を置いているものは「収
益の向上」、「顧客価値の充足、顧客へのサービス」、「従業員の満足、資質の向上」。
そのうち「従業員の満足、資質の向上」を重視する企業が昨年調査よりも8.6%増えており、従業員の働く意識が企業経営に大きく影響を与える事を認識している企業が増えています。


非正規労働者の雇止め等の状況について/厚生労働省
http://www-bm.mhlw.go.jp/houdou/2009/05/dl/h0501-1a.pdf

労働者派遣契約の中途解除に係る対象労働者の雇用状況について(速報)
http://www-bm.mhlw.go.jp/houdou/2009/05/h0501-4.html

第2回「経営者の志と倫理」実態調査(要旨)/財団法人日本生産性本部
http://activity.jpc-sed.or.jp/detail/mdd/activity000916/attached.pdf


今週末開催!残席2席となりました。
★5/15(金)開催 『景気後退時の労務管理のポイントセミナー』
厳しい経済環境を生き残るための、解雇・雇用調整・人員削減・賃金引き下げなどの課題と解決の実務対策を、本音でお伝えします。
http://www.nari-sr.net/seminar/090515/

投稿日:2009/05/12
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える