スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【採用】 > 来春の新卒者、内々定獲得はまだ2割

人事・労務の知恵袋

【採用】 来春の新卒者、内々定獲得はまだ2割

2010年春卒業予定の学生の就職活動は昨年までと一変し、企業側の買い手市場の様相を強めている。
主要企業は事実上の「内定」にあたる内々定を出し始めているが、日本経済新聞社などが学生に実施したアンケートでは、内々定の獲得者は全体の2割弱にとどまった。
企業の採用枠減少の影響もあり、4人に1人が「内定を得る見通しが立っていない」または「来春の就職を断念する」と答えた。

調査は、NTTレゾナントと就職情報サービスのディスコと共同で実施し、来春卒業予定の大学、短大、専門学校生の計450人から有効回答を得たもの。
(以上、記事より)

いわゆる「イチゼロ」新卒は、昨年までとうって変って、採用は買い手市場になってしまいました。
ここ2~3年は、GW前で8割近く内々定が出てたのですが、今年は2割弱。10%台です。

景気がいつ底を打つか見守っている状態では、企業もなかなか内定を出せず、他社の状況もにらみながらとなると、夏休みに入る7月までは積極的に内定を出す企業は極めて少ないといえます。

他の記事でも、来春の就職を断念し大学に留年して残る学生が増えているとありましたが、新卒採用は極めて厳しい状況といえるようです。


残席わずかとなりました。残り2席です。
★5/15(金)開催『景気後退時の労務管理のポイントセミナー』
厳しい経済環境を生き残るための、解雇・雇用調整・人員削減・賃金引き下げなどの課題と解決の実務対策を、本音でお伝えします。
http://www.nari-sr.net/seminar/090515/

投稿日:2009/05/07
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える