スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【法改正】 > 「労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準」(37号告示)に関する疑義応答集

人事・労務の知恵袋

【法改正】 「労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準」(37号告示)に関する疑義応答集

090331haken37
厚生労働省より「労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準」(37号告示)に関する疑義応答集というのが出されています。

この応答集は、どのような行為をしたら偽装請負にあたるのかを、日常よく起きるような具体的な事例を通して、偽装請負となるかどうかを判断した回答を集めたものです。

技術者派遣を行っている企業では、自社の対応に問題がないか、派遣先現場で応答集のような行為が行われていないかなど、一度確認されてみてはいかがでしょうか。

「労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準」(37号告示)に関する疑義応答集
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/dl/haken-shoukai03.pdf

投稿日:2009/04/21
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える