スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【人事・労務】 > 裁判員制度導入で有給休暇を付与する企業割合

人事・労務の知恵袋

【人事・労務】 裁判員制度導入で有給休暇を付与する企業割合

財団法人労務行政研究所が9月11日に発表した「裁判員制度実施に向けた企業の対応調査」結果によると、社員が裁判員に選任され休務する場合の取扱いを「すでに決めている」企業は46.5%との事。
その対応は「従来から定めている公務に就く場合のルールを適用」が62.8%で最多。「裁判員休暇を新設」した企業は23.9%だった。
休務時に休暇を付与する場合の取扱いについては、「有給扱い」が9割を占めている。

今回のアンケートは、1社1名とし2484人を抽出し回答者243社との事から、一定の導入ルールを決定している企業からの回答とも考えられるため、市場からいくと、まだまだ具体的な導入ルールを決定している企業は少ないと考えれます。

とはいえ、1年以内には制度がスタートし、現実に自社の社員等が裁判員として任命されてしまったら、少なからず業務にも支障が出るでしょうから、その間どのように対応するかは考えなくてはいけません。
東京都内では、有権者257人に1人の割合とも試算されています。

実際に裁判員として任命された社員が出てから・・・ではなく、現行の休職等の取扱いをそのまま適用するのか、新たな制度を検討するのか考える必要があるようです。

裁判員制度実施に向けた企業の対応調査/労務行政研究所

投稿日:2008/09/15
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える