スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【人事・労務】 > 成功する人が、習慣にしていること

人事・労務の知恵袋

【人事・労務】 成功する人が、習慣にしていること

4月から新年度を迎え、新入社員が入社し、新たな部署や役職に異動される社員も多いはずです。新たな習慣に取り組むには非常にいい時期だと感じます。
その一つが、「朝早く出社すること」です。
何より、手っ取り早く始められ、何かしら費用がかかるわけでもありませんが、得られる効果は非常に大きいのです。
一説では、早朝と日中では、パフォーマンスが3倍程度違うともいわれています。どうやら寝ている間に脳が様々な情報を整理するとされるのが理由のひとつかもしれません。
朝は電話も鳴らず余計な雑音がないので、ゆっくりと仕事の段取りを考えたり、上司にカジュアルな相談もしやすく、コミュニケーションも円滑になるでしょう。
また、時間ギリギリに出社している人と比べると、電車のラッシュに巻き込まれず、座れなかったとしても勉強や新聞に費やす時間に充てられますし、電車の遅延等で時間を気にしてイライラすることもなくなります。
「朝早く出社すること」を既に習慣にしている人は、これだけの効果があることを知っているのでしょう。
ただ、業界によっては長時間労働になりがちでなかなか早朝出勤は体力的に難しいという方も多いと思います。
成功する人が習慣にしている、手っ取り早く費用もかけずに始められることは「朝早く出社すること」以外にも、「自分の持ち味を知る」、「相手を承認(認め合う)する」、などもあります。
新年度は新しい習慣を始めるには、いい時期かもしれませんね。

参考)成功する人に「早朝出勤」が多い理由
http://diamond.jp/articles/-/89348
働きたくなる会社づくりワークショップ(無料)
http://www.nari-sr.net/media/seminar/20160412

投稿日:2016/04/11
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える