スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【就業規則】 > 1年単位の変形労働時間制(3)

人事・労務の知恵袋

【就業規則】 1年単位の変形労働時間制(3)

【今回のポイント】
1.時間外労働は労使協定で締結した時間を超えた分から
2.対象期間が終わった時に再度超えた分を精算する


120605-21年単位の変形労働時間制を導入している際の、時間外労働の計算方法は以下の通りとなります。

1日について
労使協定で8時間を超える労働時間となっている日は、その時間を超えて労働した時間。
それ以外の日は8時間を超えて労働した時間。

1週間について
労使協定で40時間を超える労働時間となっている週は、その時間を超えて労働した時間。
それ以外の週は40時間を超えて労働させた時間。この時、1日の時間外労働となった時間は除いて計算します。

対象期間について
対象期間での法定総労働時間の総枠を超えて労働した時間。この時、1日・1週間で時間外労働となった時間は除いて計算します。

法定総労働時間の総枠=40時間×(365日÷7日)

1年が365日のときの法定労働時間の総枠は2085.7時間となり、この総枠を超える労働時間となったかどうかは、対象期間が終了した時点で確定しますので、この分の時間外手当は、対象期間終了後の直近の給与支払時に精算することとなります。


当ブログ記事の無断転載を固く禁じます

★社会保険労務士法人スマイングHPもご利用ください
banner201205

★人事・労務の最新情報「人事・労務の玉手箱ブログ」はこちら
 http://blog.livedoor.jp/nari_sr/

投稿日:2012/06/05
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える