スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?

人事・労務の知恵袋

【ワンポイントQ&A】 賞与支給を取りやめたい

【今回のポイント】
1.法律では必ず支給しなければならないとはされていない
2.毎回固定額で支給している場合は、必ず支給する義務が生じる場合もある


例えば業績が思わしくないので、夏期の賞与支給を取りやめたい時に法的な問題はあるのでしょうか。

就業規則等に、賞与支給の要件として業績により支給しない事もあると定めてある場合には、不支給としても問題はありません。

従業員に対し賞与を支給しなければならないとする法的義務は特になく、労働基準法では、賞与とは定期または臨時に、原則として従業員の勤務成績に応じて支給され、その額があらかじめ定められていないものとされています。(労働基準法第24条第2項の例外、昭22.9.13発基17号)

一方で賞与を支給するとして制度を設けた場合には、賃金の一部と考えられるため就業規則等にこれを明示しなければならず、賞与も賃金債権とされます。

通常、賞与支給を定める場合には、支給する時期、支給対象者など支給する際のルールを定めておきます。
ただ必ずしも支給できるものとは限らないため、原則支給するものとするが、業績によっては支給しない場合もあると定めておく事で、賞与支給を取りやめても法的に問題にならないようにします。

就業規則等に特に賞与の定めがされていない場合は、これまで長期間にわたり反復継続して支給されてきたかどうか実態により判断される場合もあります。

なお毎回定期的に支給される額が固定されているものは、賞与とはみなされず支払義務が生じる場合もあります。
例えば、年俸制で年俸額の1/14を各支給月に支払う旨の規定が、就業規則などにある場合には支給額が確定されているとされます。

いずれにしろ賞与の支給を考える際には、支給しないときの要件を様々な角度から想定し定めておく事が肝要といえます。


★お問い合せ・ご相談はこちら
http://www.nari-sr.net/contact/
24時間受付
info@nari-sr.net(24時間受付)
電話 03-6300-0485(平日10:00~18:00)


★オフィシャルページもご覧ください
http://www.nari-sr.net/
banner201205

fb_mark【人事・労務の玉手箱fbページ】で最新情報をチェック!
https://www.facebook.com/jinjiroumutamatebako

投稿日:2012/06/13
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える