120711-1今日8月1日から、雇用保険の基本手当日額が変更となります。

◆基本手当日額の最低額
 1864円→1856円(マイナス8円)

◆基本手当日額の最高額
1)60歳以上65歳未満:6,777円→6,759円(マイナス18円)
2)45歳以上60歳未満:7,890円→7,870円(マイナス20円)
3)30歳以上45歳未満:7,170円→7,155円(マイナス15円)
4)30歳未満    :6,455円→6,440円(マイナス15円)

◆失業期間中に自己の労働による収入を得た場合の基本手当の減額に係る控除額
 1,299円→1,296円

◆高年齢雇用継続給付の支給限度額
(平成24年8月以後の支給対象期間から変更)
 344,209円→343,396円

◆育児休業給付の支給限度額
(育児休業の初日が平成24年8月1日以後である支給対象期間から変更)
 215,100円→214,650円

◆介護休業給付の支給限度額
(介護休業の初日が平成24年8月1日以後である支給対象期間から変更)
 172,080円→171,720円

雇用保険の基本手当日額は、失業給付や育児休業給付などの基本となるもので、離職前の賃金を基に算出した1日当たりの支給額をいい、給付日数は離職理由や年齢などに応じて決められています。

今回の変更は、平成23年度の平均給与額(「毎月勤労統計調査」による毎月決まって支給する給与の平均額)が平成22年度と比べて約0.2%低下したことに伴うものとなります。

手続きによって対象となる時期が異なりますので、ご注意ください。

(リーフレット)雇用保険の基本手当(失業給付)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken/pdf/kihonteate-02.pdf

(リーフレット)高年齢雇用継続給付・育児休業給付・介護休業給付
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken/pdf/kihonteate-03.pdf

変更内容説明資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002encm-att/2r9852000002envx.pdf


労働時間の管理・残業代を減らしたい
就業規則や賃金制度を見直したい

社会保険料の見直しを考えてみたい
社員とのトラブル、
入社退職時の手続きについて
★お問い合せ・ご相談はこちら
http://www.nari-sr.net/contact/
24時間受付
info@nari-sr.net(24時間受付)
電話 03-6300-0485(平日10:00~18:00)


★オフィシャルページもご覧ください
http://www.nari-sr.net/
banner201205

fb_mark【人事・労務の玉手箱fbページ】で最新情報をチェック!
https://www.facebook.com/jinjiroumutamatebako