スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【採用】 > リーマンショック以上の影響か

人事・労務の知恵袋

【採用】 リーマンショック以上の影響か

毎日新聞
被災地の事業者から岩手労働局などに寄せられた従業員の解雇などに関する相談は、約700件以上に達していることが分かった。
このうち、内定取り消しについての相談は事業者、学生双方から少なくとも十数件あった。各ハローワークは今後、相談が急増するとみている。

労働局や釜石、久慈、大船渡各ハローワークに取材し集計した。
労働局がまとめた14~18日分の相談は計572件。
工場や店舗の損壊や資材不足で操業困難に陥り、従業員を雇用できないといった相談が216件あった。
賃金が支払えなかったり、従業員を自宅待機させる予定の事業者の相談も116件あった。
各ハローワークは22日だけで▽釜石90件以上▽大船渡15件▽久慈5件の相談があった。
(以上、記事より)

新卒内定取り消しも、8日間で全国93社から相談が寄せられるなど、震災の影響が雇用に出てきました。

震災の被害があった地域での雇用確保が難しくなっているのと、被災地にあった工場が稼働できない事が原因により、被災地以外での企業活動への影響がじわりじわりと出てきているようです。

被害が広範囲であった事に物流面での制限も加わり、今までの被災のようにピンポイントでの雇用環境悪化ではなく、長期的で、かつ全国に波及することも懸念され始めています。

このまま景気悪化につながることなく復興回復基調となるよう、被災していない地域での経済活動により景気を支え、さらに雇用調整が増えることのないようにしていきたいものです。


ご相談・お問い合わせはこちら
↓↓↓
http://www.nari-sr.net/contact/

投稿日:2011/03/26
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える