スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【雇用・定年】 > ジェイ・バス、近隣企業の社員を短期雇い入れ

人事・労務の知恵袋

【雇用・定年】 ジェイ・バス、近隣企業の社員を短期雇い入れ

11月25日 日経産業新聞
バス製造のジェイ・バス(石川県小松市、柴田計社長)は、小松事業所(小松市)など2拠点で、近隣に事業所を構える企業の正社員約70人を3~5カ月の期間限定で雇い入れた。
元の企業に籍を置いたまま「出向」の形をとる。
ハイブリッドバスなどの受注が好調で労働力の確保が急務となり、余剰人員を抱える企業と利害が一致した。地域の雇用を連携して守る狙いもある。

ジェイ・バスは、同社が「期間応援契約」と呼ぶ正社員出向の契約を近隣企業と結び、10月に小松事業所で機械メーカーなど5社から30人強を受け入れた。
宇都宮事業所(宇都宮市)では今月、数社から約40人を雇った。
それぞれ観光用や路線用のバスの生産部門に配置する。
雇用期間は、小松は12月までだが、1~2カ月延長する可能性もあるという。宇都宮は来年3月までの契約。
(以上、記事より)

近隣企業で余剰人員を抱えているところからの雇用を行うという、興味深い試みです。
同業種・異業種に関わらず、企業間での人材調整を行うことで雇用確保ができる形は、どこでも実現可能なことといえ、このような形での求人情報の公開を組織化して実施できれば、地方に限らず、広く全国で対応できるものと思います。

投稿日:2009/11/26
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える