スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【採用】 > 来春卒大学生、内定率62.5% 下落率が過去最大

人事・労務の知恵袋

【採用】 来春卒大学生、内定率62.5% 下落率が過去最大

11月19日 アサヒコム
来春卒業予定の大学生の就職内定率(10月1日現在)は62.5%で、前年同期より7.4ポイント下回ることが18日、文部科学、厚生労働両省のまとめで分かった。
下げ幅は調査を始めた96年以降最大で、内定率も03年の60.2%、04年の61.3%に次いで3番目の低さとなっている。

下げ幅が00年前後の「就職氷河期」より大きいことから、昨秋からの急激な不況による就職状況の悪化が、改めて浮き彫りになった形だ。

調査は全国の国公私立大62校を抽出し、就職希望者に占める内定者の割合を調べた。
男子は前年より5.4ポイント減の64.4%、女子は8.5ポイント減の61.6%だった。
文系は61.2%(前年同期比9.2ポイント減)、理系は68.5%(同0.4ポイント増)と、女子と文系の学生の悪化が目立った
私立は59.6%(同9.4ポイント減)で、国公立の71.3%(同1.9ポイント減)との差が開いた。
特に厳しいのが私立の女子学生の57.3%で、下げ幅は11.7ポイントと過去最大となった。

これまで、10月1日時点の大学生の内定率のピークは97年の73.6%。
最も悪かった03年の60.2%を底に徐々に改善してきたが、一転して急激な悪化となった。

全国を六つに分けた地域別でみると、5地域で前年より低下し、特に関東地区と中部地区の下げ幅は過去最悪だった。
関東は10.5ポイント減の62.9%、中部は6.8ポイント減の61.4%に。近畿、中国・四国、九州も減少した。北海道・東北は0.3ポイントの微増だった。
厳しい現状をふまえ、政府の緊急雇用対策本部「新卒者支援チーム」は、大学の就職相談員を拡充するなどの緊急支援策を検討している。
(以上、記事より)

2010年新卒採用の鈍化を受け、2011年新卒採用も既にスタートしているものの企業の動きは様子見といったところ。

組織構成上、新卒採用数を減らしながらも継続している企業がある一方で、中小企業では採用を手控える傾向にあります。

景気の先行きがみえてこないと採用市場も冷えたままの状態が続くといえます。

投稿日:2009/11/19
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える