スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【採用】 > 主要企業の来春新卒採用、内定者数34%減 日経調査

人事・労務の知恵袋

【採用】 主要企業の来春新卒採用、内定者数34%減 日経調査

9月25日 NIKKEINET
2010年春の新卒採用の内定者数が今春入社の社員に比べ34%減ることが、日本経済新聞社が主要企業を対象に実施したアンケート調査で分かった。
各社は企業業績の悪化と景気の先行き不透明感を理由に採用数を急速に絞り込んでいる。
主要企業の91%が今月末までに内々定を出し終える見通しだが、10月1日に予定する内定式以降に採用を継続する企業も9%あった。

アンケートは9月中旬に実施。
製造業や流通、金融などの主要企業112社から回答を得た。
2010年春採用で内定を出す予定人数は計2万175人(比較可能な101社ベース)で、今春に比べ34%減った。
東芝が40%減の590人、日本生命保険が37%減の1250人となるなど、景気悪化の影響が大きい電機や金融などで採用を絞り込む動きが目立った。
(以上、記事より)


採用動向は景気観を表しているとはいえ、今春に比べると4割近い減少率です。

中小企業でも体力のある企業は、逆に良い人材が確保できると継続して秋採用を実施しているところもあり、景気と企業業績によって採用動向が大きく動いているようです。

2011年向け新卒採用も動き出していはいますが、昨年に比較するとまだまだ活発とはいえず、来年に入ってからの動き次第といったところでしょうか。

投稿日:2009/09/25
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える