スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【年金・保険】 > 適格退職年金の資産残高、前年比3割減/信託協会調べ

人事・労務の知恵袋

【年金・保険】 適格退職年金の資産残高、前年比3割減/信託協会調べ

社団法人信託協会が2009年3月末現在の企業年金の受託概況を発表しました。

1.企業年金の資産残高
 対前年比14兆5,281億円(17.9%)減の66兆5,597億円

2.資産残高の内訳
・厚生年金基金 25兆5,524億円(対前年比21.8%減)
・確定給付企業年金 32兆8,753億円(対前年比10.3%減)
・適格退職年金 8兆1,319億円(対前年比30.8%減)

3.業界別の内訳
・信託業界 52兆7,547億円(79.3%)
・生命保険業界 13兆4,635億円(20.2%)
・JA共済連3,414億円(0.5%)

4.企業年金の受託件数、加入者数
・厚生年金基金 617件、466万人
・確定給付企業年金 5,008件、570万人
・適格退職年金 25,441件、348万人

5.加入者総数(各制度での重複加入あり)
・企業年金 1,386万人
厚生年金保険の被保険者数3,457万人(平成20年3月末)から推計し、民間企業従業員の約4割が企業年金に加入

適格退職年金は2012年3月31日に廃止となるため他の年金制度への移行が必要とされています。
現実としては、年金制度の移行・廃止を決定していない企業もあり、あと3年度での対応が急がれています。

企業年金の受託概況(平成21年3月末現在、速報値)
http://www.shintaku-kyokai.or.jp/news/pdf/NR210527.pdf

投稿日:2009/06/23
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える