スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【雇用・定年】 > 大卒採用7年ぶり減 来春計画マイナス12%

人事・労務の知恵袋

【雇用・定年】 大卒採用7年ぶり減 来春計画マイナス12%

3月16日/日本経済新聞より

日本経済新聞社が3月15日にまとめた採用計画調査(1次集計)では、2010年春の大卒採用計画数は2009年春の実績見込み比12.6%減と、7年ぶりに前年を下回る。
自動車、電機など輸出型企業が採用を抑制する。しかしバブル経済崩壊後にほぼ全業種が急激に採用を絞り込んだ1994年(同17.7%減)に比べると落ち込み幅は小さく、内需型産業の中には鉄道や電力など採用を増やす業種もある。

採用計画がマイナスになるのはIT(情報技術)バブル崩壊後の2003年以来。
輸出を中心にした景気拡大を背景に企業は2009年まで6年連続で採用を拡大してきたが、昨秋以降の景気悪化でマイナスに転じた。
(以上、記事より)


ここ数年「売り手市場」といわれていた新卒採用市場が、今年は一転して「買い手市場」に。

記事の内容を証明するかのように、「10新卒」の学生さんの動きは活発なものの、企業側の採用要件と合致せず苦労している感があります。

一方で、いつの時代でも、しっかりと採用内定を取れる学生がいるのも確かな事。

市場や企業の動きに左右されず、自分の進む方向性や考え方がしっかりしている学生は採用内定を受けるのも早いようです。

市場がこうだから公務員に進もうとか、大手企業じゃないと危ないから、とか時流に流されるのではなく、自分がこうなりたいからこの企業に入りたい!という考えや意思をもって就活にのぞめば、採用内定を取るのも難しくないと、学生さん達には言いたいところです。

投稿日:2009/03/16
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える