スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【人事・労務】 > 「夕礼」で残業が減少?

人事・労務の知恵袋

【人事・労務】 「夕礼」で残業が減少?

CTCテクノロジー(伊藤忠テクノソリューションズの子会社)では、朝礼に加えて「夕礼」を行っているとの事。

元々は朝礼の習慣が根付いていたらしいのですが、業務の性質上、社員は契約先企業へ出かけていることが多く、直行直帰もあることから、朝礼に参加できない社員も多かったため、社員のなかから夕礼もやりたいとの声が上がったそうです。

夕礼を追加することで、お互いの業務内容をしっかり把握できるようにしようと、毎日、午後5時半から夕礼がスタート。

思わぬ副産物となったのが、残業時間の減少です。

夕礼の中で、残業予定の有無を全員に確認すると、残業を申し出た社員の業務内容を他メンバーで検討し、手伝えることがあればみんなで取り組み、早く業務が終わるようにしているのです。

会社側が残業を減らそうと、照明を強制的に消したり、ノー残業デーを設けたりし取り組みますが、一方的な強制感があるため、社員側は納得した上で残業をしないようにはできません。
そんな事したって仕事があるんだから。。。と真っ暗な中でPCに向かったりするわけです。

社員が自発的に話し合いをし、メンバー間で業務に取り組むことで残業が減る。
社員のモチベーションや意識付けが、仕事の効率を上げ、内容も濃いものとなる効果がある事を立証している事例です。

「うちは無理」と最初から思わずに、どうやったら自社でも導入できるかを考えてみてはいかがでしょうか。
 

投稿日:2009/03/12
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える