スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【法改正】 > 年金時効特例法の施行について

人事・労務の知恵袋

【法改正】 年金時効特例法の施行について

平成19年7月6日から、年金時効特例法が制定・施行されました。

これは年金記録の管理に対する国民の信頼を確保することを目的として、年金記録の訂正による年金の増額分を、時効により消滅した分を含めて、本人または、遺族の方へ全額を支払うようにするためのものです。

従来は、支給年金額の訂正があった場合でも、時効により直近5年分のみ支給対象となっていましたが、今回の特例法では、時効消滅前の全期間について支給される形となります。

社会保険庁のHPに情報が掲載されていますので、ご確認ください。

年金時効特例法の施行について/社会保険庁

年金時効特例法の施行について(パンフレット)/社会保険庁
 

投稿日:2007/08/03
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える