130314-14月に向けて公的助成金の統廃合がされている中、今回、若者チャレンジ奨励金という助成金の支給がスタートします。

この助成金は平成25年度末までの時限措置によるものとなり、支給額が予算額に達した場合は支給終了となります。


【支給対象者】
35歳未満で、以下の全ての要件に該当する者

1)過去5年以内に訓練を実施する分野で正社員としておおむね3年以上継続して雇用されたことがない

2)登録キャリア・コンサルタントにより若者チャレンジ訓練へ参加することが適当と判断され、ジョブ・カードの交付を受けている

3)教育訓練を実施する事業主と有期雇用契約を締結している者など

注)新規学校卒業予定者および新規学校卒業者は、原則として卒業日が属する年度の3月31日まで若者チャレンジ訓練の対象者として募集することができません。


【支給要件】

1)OJTとOff-JTを組み合わせた訓練で、全体の訓練時間にOJTの占める割合が1割以上9割以下である

2)1か月当たりに換算した訓練時間数が130時間以上ある

3)訓練期間中の主要な労働条件(就業時間、休日および賃金形態)が訓練受講者を正社員として雇用する場合と同じである

※訓練期間中の就業時間が正社員より短い場合や、正社員の給料が月給制で訓練期間中の給料が時給制のような場合などは訓練を実施することができません。

4)訓練期間は3か月以上2年以下

5)OJTとOff-JTともに、訓練科目名、実施内容、実施時間等が明確に示された訓練カリキュラムを作成されている

6)ジョブカードを作成している


【支給額】

1)訓練奨励金:訓練実施期間に訓練受講者1人1月当たり15万円

2)正社員雇用奨励金:訓練終了後、訓練受講者を正社員として雇用した場合に1人当たり1年経過時に50万円、2年経過時に50万円(計100万円)


なお申請にあたっては、訓練開始前に事前に実施計画を届出し、内容の確認を受けている必要がありますので、先に訓練を実施しないようご注意ください。


若者チャレンジ奨励金(若年者人材育成・定着支援奨励金)のご案内
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/shokugyounouryoku/career_formation/challenge/dl/130313-01a.pdf
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/shokugyounouryoku/career_formation/challenge/dl/130313-01b.pdf


もらえる助成金が知りたい
問題社員への対処方法・残業代を減らしたい

社会保険料の見直しを考えてみたい

就業規則や賃金制度を見直したい
社員とのトラブル、
入社退職時の手続きについて
★お問い合せ・ご相談はこちら
http://www.nari-sr.net/contact/
24時間受付
info@nari-sr.net (24時間受付)
電話 03-6300-0485(平日10:00~18:00)




fb_mark【人事・労務の玉手箱fbページ】で最新情報をチェック!
https://www.facebook.com/jinjiroumutamatebako